[ダーツレビュー]プレミアムエディション キングス2

【キングスジャパン】プレミアムエディション キングス2を投げてきたので、軽くですが感想を書いてみたいと思います。

こちらのダーツについては、以前『どういうダーツが擦って飛ばすのに向いているの?』という記事でも取り上げたことがあります。

どういうダーツが擦って飛ばすのに向いているの?
これから『擦って飛ばす』っていう言葉がこれから広まっていくんじゃないかという話をしました。 ≫2017年のトレンドは擦って投げるダーツが主...

周りで投げている人は少ないのですが、本当に投げやすいなと感じれるダーツです。特に初心者の方に向いているのではないかなと思っています。

プレミアムエディション キングス2

プレミアムエディション キングス2

スペックはどうなのでしょうか、見ていきましょう。

・長さ  41.5mm
・重さ  17.5g
・最大径  7.25mm

King’s Japan(キングスジャパン)のバレルを見てて、いつも思うのは非常に高い精度でダーツを製作しているんだなということです。

自信がないと、中々最大径 7.25mmという小数点第二位までの数値はきれないでしょう。

投げた感想

既に『どういうダーツが擦って飛ばすのに向いているの?』という記事の中でも書いているのですが、擦って飛ばすのが簡単に感じるダーツです。

グリップの安定感リリースの抜け感のバランスがとても良いです。

中々この二つは両立しません。

グリップの安定感を求めると、バレルのカットが太くなったりキツくなったりしてリリースが難しくなります。

逆にリリースの抜け感を重視すると、バレルに安定感がなくなり脱力したグリップが出来づらくなることにもなります。

ただプレミアムエディション キングス2については、絶妙にグリップの安定感リリースの抜け感を調整しており投げやすいダーツに仕上がっていると思います。

投げてみないとわからないヌルっと感

このリリース時に、ヌルっと滑る感覚は正直投げてみないと伝わりづらい部分でもあります。

バレルなんてどれも一緒でしょ?という意見の人ほど、投げてみて欲しいですね。リリース時に、ヌルっという感触を味わえるので投げてて気持ちよいです。

いつまでも投げれる!そんなバレルに仕上がっているのではないでしょうか。

King’s Japan(キングスジャパン)に注目!

King’s Japan(キングスジャパン)は、日本のバレルメーカーの中では後発で誕生した部類に入ります。

ただ後発と思えないほど、バレル製作では先端を言ってるのではないでしょうか。まだ注目している人は少ないようですが、これからさらに良いバレルを発表していくのではないかと思っています。

まだ投げたことがないという人は、ぜひ一度投げてみて下さい。

今までにKing’s Japan(キングスジャパン)のバレルは結構投げてきているので、またこのブログでも時間があれば紹介していきたいと思います。

よかったら参考にしてみて下さい。

[気になる方はショップリンクから以下のキーワードで検索!]
キングス2
検索
ダーツハイブ エスダーツ TITO SHOP Amazon 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク