[ダーツ]Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)が気になる!

Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)は、日本で有名なんでしょうか。

Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)の認知度

PDC World Championship2015チャンピオンなんですが、日本ではまだメジャー感はないかもしれません。

ただダーツ好きな方は、毎年行なわれているPDC JAPANマスターズを見ているはずなので、知らないってことはないでしょう。

Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)モデルのダーツ購入

なんで今Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)なの?というところなんですが、最近Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)モデルのダーツを買ったんですよ!

ユニコーン】ゲイリー・アンダーソン 2015年限定チャンピオンモデル

ユニコーン ゲイリー・アンダーソン ダーツ バレル

最高のダーツ!

これがめちゃくちゃ投げやすいです。

インプレ記事については別途記載させて頂きました。

インプレ【ユニコーン】Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)モデル
大体1ヶ月に1回くらいダーツを購入しているんですが、今月はこちらを購入しました。

よかったらそちらも見てみて下さい。

Gary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)のスロー

このダーツを投げてる人ってどういうスローなのかな?と気になりまして、色々とGary Anderson(ゲーリー・アンダーソン)のスローを調べていたところでした。

いい動画があったのでシェアしたいと思います。

全部英語なんですが、何となくの理解でいきましょう。

グリップについて

Gary Anderson darts player

グリップは3フィンガー、中指はチップに沿える。

グリップについて、人差指が浮いています。

Gary Anderson darts player

綺麗なリリース

セットアップ時に浮いていた人差指は、テイクバック時には握りこまれています。

ただ親指と人差指の間が空いているため、そのスペースを上手く利用してダーツを”抜いて”投げています。

このアングルはかなり貴重です。思っていた以上に指先でダーツを持っているんですね。だからこそ、押し気味のリリースであっとしても引っかからずにダーツを投げれるのではないかと思います。

テイクバックについて

Gary Anderson darts player

目に引いてる

あと特徴的なのが、テイクバックです。

完全に目に向かって引いてますよ。これ目に向かってダーツを引くって結構怖いんですよね。

相当訓練しているのではないかな?と思いました。日本人だと、肩に向かってダーツ倒すという考えが多いので、新鮮かもしれません。

目にダーツを引くメリットとしては、ターゲットまでのラインがわかりやすいです。ターゲットに向かって、まっすぐ手を出して言うイメージです。ただ実際手は手首、肘、肩と繋がっていますので、目からまっすぐ手を出しても手を払う形になりがちです。

リリースについて

Gary Anderson darts player

無駄な動きがない

綺麗で無駄のない動きです。

リリースの形については、恐らく決めてないかと思います。目に向かってダーツを引いてきてから、ターゲットにまっすぐ手を出す。その瞬間だけに集中してそうです。

実際、リリースって離した瞬間からもう関係ないんですよね。これくらいインパクトの瞬間だけに集中できれば、再現性の高い動きができるのかもしれません。

おわりに

フォームがとてもシンプルで見習いたいです。

これくらいシンプルだと再現性が高くなりそうです。あれこれ理論を考えるよりも、”見ているところに手を伸ばす”だけ!

これができればよいのかもしれません。

また気づいたことがあれば書いてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク