[ダーツ]3本目が入らない理由

調子が良くなってきてるのですが、なぜか大事な場面で、3本目が入りません。

1投目、2投目がBULLに入ったあとに、3本目が入らないという、自分でも「え…?なんで外れた…」という状態に、昨日なってしまいました。備忘録がてら、振り返りをしてみたいと思います。

いくつか考えられる3投目が入らない理由

力んでいる

やはり一番は、これなのかと思います。力んでしまっている、力んでるからこそ、1投目、2投目と同じ動きができない。なぜ力んでしまうのか、やはり「入れたい」という意識が強すぎるんじゃないかと思います。1投目「絶対入れるというより気持ちよく投げよう」、2投目「お、1投目綺麗に入ったなー、2投目も同じように投げるぞ。」、3投目「1投目、2投目が入ったから、3投目も入れるぞ。」というように、意識が1投目、2投目と変わってしまってたことが原因かと思います。この「入れるぞ」という意識が、もう1投目、2投目と異なったスローになってしまったんだと思います。ダーツに慣れてきても、この辺りは常に無意識に「気持よく投げたい」という意識を持ち続けることが大事ですね。初歩的なところを疎かにしてしまったので、起きてしまった問題かと思います。

投げ急いでいる

これもある意味、メンタルが関連するところですが、1投目、2投目が入ったから、早く3投目を入れて、この状態から解放されたい!という意識が出てしまったのではないかと思います。結構これプロの試合でもありますよね、3投目だけ明らかにリズムが違って投げてしまう状態です。そうならないためには、「3投目を楽しもう、気持ちよく投げよう、」と考える、もしくは無意識に投げることが大切かと思います。それでも投げ急いでしまう場合は、一度一呼吸置いてから投げることもオススメです。投げ急いでいる時って、身体が必要以上に前傾になっていたりと、中々自分では気づかない、ミスが発生しやすい原因が潜んでたりするんですよね。だからこそ、一度自分自身をフラットな状態にして、再度投げてみるというやり方も有りかなと思います。

1投目、2投目のフライトが邪魔

これは、メンタルが関係無くて、物理的に、1投目、2投目のフライトが3投目の邪魔をしてしまうという状態です。実際グルーピング力が高くなってくると、フライトが邪魔して入らないということがあります。この場合は、外れたとしてもあまり神経質にならないようにしましょう。「仕方ない。」と思えるくらいが、メンタルにも影響せずちょうど良いのではないかと思います。気にしてしまうと、またそれが力みの原因になりかねませんからね。

以上

3本目を”入れる”という意識をなくして、気持よく3本投げようという意識で取り組んでみたいと思います。まぁ練習あるのみですね、頑張ります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク