【ダーツ】山田勇樹(やまだゆうき)選手のスロー分析

山田勇樹(やまだゆうき)選手は、PERFECT創立時から活躍する日本のトッププレイヤーでして、ダーツ好きな人のほとんどが知っている選手ではないでしょうか。

ダーツメーカーTRINIDADの看板選手で、サンドイッチ屋さんを経営するなど多才な方です。

山田勇樹選手のすさまじい試合集

これまで見た試合の中で、これはすごい!という試合を紹介します。

2018 PERFECTツアー 第7戦決勝戦

最後まで見てほしい試合です。

劇的な幕切れ!

2015 PERFECT第12戦決勝戦

これも凄まじい試合でした。

3セット目の最終レグの4R目の5マーク、ここで勝負が決まりました。

2014 PHOENIX CUP 大分大会決勝戦

これも最後まで見て欲しい試合!

他にも色んな試合がありますが、見てるほうが興奮してしまうような試合が多いです。

レベルで戦えたら楽しいでしょうね。

山田勇樹選手のスロー

実はやんまー選手とは、戦ったことがあります。すぐやられちゃいましたが…飛びがすごかったです。

セットアップ位置がだいぶ内側だなーという印象でした。

セットアップについて

やんまー スロー ダーツ

セットアップ位置とリリース位置に注目

セットアップの位置とフォロースルーの位置が、違うところに注目してみてください。

利き目が左目というところが影響しているんでしょうが、テイクバックは肩にひくというのは他選手と変わらず共通の部分です。

リリースについて

そしてテイクバック最下点から目標に向かってまっすぐ手を出しています。

やんまー スロー ダーツ

リリース終わり手がまっすぐ伸びている

リリース終わりをみてみるとわかりやすいのですが『肩甲骨・肩・肘・手首』までが一直線です。

この状態にもってこれると、体が脱力した状態を作りやすいですね。

グリップについて

やんまー グリップ ダーツ

グリップは若干斜め

グリップも特徴的です。この画像でみると、若干斜めにかまえてます。

4スタンス理論でいえばA1かB2 の人たちがこのグリップになりやすいそうですが、山田勇樹選手は、どのタイプなんでしょうか。

すごい気になります。

スロー動画

山田勇樹選手のスローを参考にしたい人は、この動画をみてください。

色んな角度から投げるフォームを見ることができるので、イメージ作りに役立つのではないかと思います。

山田勇樹モデルのバレルについて

元々トルピード型のバレルを好んでつかっていましたが、ここ数年でストレートバレルに変更しました。

現時点で使っているのは、Gomez Type9というバレルです。これは『ソフトダーツとハードダーツどちらにも対応できるようなダーツ』というコンセプトで開発されたようです。


投げてみた感想でいうとクセのない投げやすいバレルでした。また最大のメリットは、ソフトダーツとハードダーツの両モデルが発売されていることです。

山田勇樹レッスンDVDについて

DVDもいくつか出してます。

さすがというか、とても勉強になる話ばかりです。

また気づいたことがあれば追記していきます。

おわりに

山田勇樹選手については、毎年PERFECTの優勝争いに絡むなどみなさんの注目度合いも高いのではないでしょうか。

このブログで初めて知ったという人もいるかもしれませんが、大変ダーツが上手いプレイヤーなどでお手本にしてみてはいかがでしょうか。

また気づいたことがあれば追記していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク