初心者が一から学ぶダーツスタッキング技術│ソフトダーツ編

ダーツが一段階上手くなりたいのであれば、スタッキング技術について知る必要があります。

このスタッキングという言葉ですが、英語表記だと「Stacking」になります。意味としては、積み重ねるという表現で使います。

一時期日本でも流行ったスポーツスタッキングでも、同じStacking(スタッキング)という言葉が使われています。

日本で流行ったスポーツスタッキング

一から学ぶダーツスタッキング技術

今回は、そんなスタッキングについて書いていこうと思います。

長くなるので、まずはソフトダーツ編について説明していきます。

ソフトダーツのスタッキング

ソフトダーツのスタッキングにおいて重要なことは、『下』から重ねていくということです。

ちなみにハードダーツは、『上』から重ねていきます。

注目!
ソフトダーツは『下』から重ねる

これだけ覚えれば、スタッキングの基礎知識は十分です。

下から重ねる

ぜひこの下から重ねていくということを覚えて下さい。

だから最初の1本目は、重ねやすい位置に入れる必要があります。

20Tを例に説明していきましょう。

20Tの下面を狙う

20Tの下面に入れることができれば、2本目3本目と入れやすくなります。

なぜならダーツの軌道上山なりに飛ぶので下面にダーツがあると、次に投げるダーツの邪魔になりづらいという理由があるからです。

2本目、3本目が入れやすい

こうやって積み重ねていくことをスタッキングといいます。

上面にダーツがあると入りづらい

逆に、下からではなく上面にダーツが入った場合について見ていきましょう。

20Tの上面に入ってしまった

こうなるとやっかいです。

次も20Tを投げようと思っても、1投目が邪魔で投げることができません。

この角度だと、中々見づらいので正面から見ていきましょう。

1投目が邪魔で見えない

正面からだとわかりやすいのですが、20のトリプルリングが全く見えません。

この場合、2投目、3投目を上手く投げれたとしても、1投目のダーツが邪魔で弾かれてしまうかもしれません。

こういった場合は、立ち位置を変えて狙う必要が出てきます。

立ち位置を変えると今まで投げていたリズムが崩れますし、また目線も変わるので違和感が出てくることがあります。

だからそうならないためにも1投目は、下面に入れる必要があるのです。

ソフトダーツのスタッキングは『下』から入れる

こういった理由から、ソフトダーツのスタッキングは下から入れる必要があります。

実際スキルが無くて下面が狙えない!という人でも、知識だけは覚えておきましょう。

この基本を知っているかどうかだけで、ダーツのスコアが全然変わってきます。

おわりに

今回は、ソフトダーツに置けるスタッキング技術について見ていきました。

トッププロの試合を見る時も、このスタッキングについて注目しながら見てみて下さい。20Tを狙って上面にダーツが入った場合は、2投目19Tに狙いを変えています。

こういう知識がついてくると、よりダーツが楽しくなってくるのかもしれません。

よかったら参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク