[ダーツ]テイクバックの正解は果たしてあるのかパート2

前回のテイクバックネタが好評だったので、調子に乗って第二弾を書いてみたいと思います。

[ダーツ]テイクバックの正解は果たしてあるのか
テイクバックに正解はあるのでしょうか。 テイクバックについて、正解を探すよりも不正解をやらないという考え方を持ったほうがよいかもしれま...

前回では、テイクバックにおけるタメ(リズム)の重要性について書かせて頂きました。今回はテイクバック最下点に書いてみたいと思います。

[結論]テイクバック最下点は一定

これができれば苦労しないという意見が出てきそうですが、一定にさえすればあとは的に向かって手を出すだけだということです。

試合で調子が良いときは、テイクバック最下点がしっくりきているという感覚が上手い人ならあります。テイクバックした時点でまだ投げてもいないのに、入ったような感覚が調子の良いときにはあるはずです。

逆にテイクバック最下点が、しっくりこない時はダーツが入っても入った気にならないのがダーツの面白いところです。だからこそ、テイクバック最下点は一定にするという意識をもち練習する必要があります。

これはなぜかというとテイクバック最下点がしっくりきている場合は、あとリリースという動作を上手く行えば入るからです。つまりリリースという動作一つでダーツの成績が決まってきます。

ただテイクバック最下点がしっくりこない場合は、テイクバック+リリースという二つの動作の掛け算でダーツの成績が決まるので自ずと難しくなってしまうということです。

ダーツの基本的な考え方として動作をシンプルにしていくことが基本になるのですが、シンプルにしていく上でこのテイクバック最下点の位置を一定にする重要性が出てくるのです。

ではどのようにすればテイクバック最下点を一定にすることができるのでしょうか。ここからは実際に行っている話を箇条書きにしていきたいと思います。

テイクバック最下点で脱力

結構このブログを読んで貰えると脱力というキーワードが出てきていることをわかって貰えると思います。

ダーツはこの脱力ができるかどうかが肝だと考えて貰っていいと思います。テイクバックがしっくりこない人は、ぜひ最大限脱力してグリップしてみて下さい。(ダーツがグリップから落ちてしまいそうなくらいです。)

グリップについての詳細はこちらに書いています。

[ダーツ]グリップの正解は果たしてあるのか
グリップの正解はあるのでしょうか。そんなテーマをプロ同士で話していましたが、2本グリップの人もいれば、3本グリップの人もいますし、ボ...

その脱力したグリップの状態から、ダーツを引くのではなく畳む(又は落とす)感覚で肩に倒してみて下さい。倒したその位置が、テイクバック最下点になります。

だからこそ、テイクバック最下点を勝手に決め打ちして、そこに向かってダーツを引くというよりかは、脱力した腕に任せて自然に腕を倒すという感覚を最初は試して欲しいです。

引くのではなく、畳む

前段でも記載しているのですが、ダーツをテイクバックする時は引くのではなく畳む(又は落とす)と表現した方がイメージ的にあいます。

ギュッっと引いてしまうと、その時点で体に力が入ってしまい次リリースする時にさらに力むという状態になります。無理に引いたりせずフッと力を抜いて腕を畳んだ位置、そこがテイクバック最下点と考えて貰ったら良いかと思います。

PERFECTプロの宮副桜(みやぞえさくら)選手の動画ですが、非常にキレイに腕を畳んでいます。腕の角度は人それぞれ違うので気にしないでいいですが、ぜひこの畳む(落とす)というイメージを掴んで貰えたらと思います。

畳む(落とす)場所は、目ではなく肩

ダーツを目線内に収めることは大切ですが、テイクバックは肩に向かって行います。

目で合わせようとすると、結構ダーツが難しく感じるかもしれません。目で合わせていて、それで上手くいってる方はそのままでいいです、ただそれで上手く行かないと感じている方は、肩という意識を持ってみて下さい。

実際ボクも目を意識しすぎて、ダーツが上手く投げれてなかった時期がありました。どうしても目を基準に考えると、体が内に内に小さく動いてしまい体全体で連動していくことが難しく感じてしまいました。

そこから肩に意識を変えて、ダーツを楽にテイクバックできるようになりました。テイクバックに窮屈さを感じている人は、ぜひ肩に畳む(落とす)という意識を持って貰えたらと思います。

以上

テイクバックが決まれば、あとはリリースするだけです。

それほどテイクバックはダーツをコントロールをする上で土台となる部分です。もし初級者レベルであれば、このテイクバックをぜひ練習してみて下さい。コツを掴めばダーツを投げるのが楽しくて仕方がないようになりますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をお届けした
ナインダーツの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
LINE@はじめました!

友だち追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク